エントリー2020年卒応募はコチラ!

人と仕事を知る社員インタビューInterview

藤本 佳太

モバイルネットワーク事業部
システムエンジニア(担当)
2014年入社
理系出身の人
最先端の現場で、最先端の技術と知識を得られる環境です 最先端の現場で、最先端の技術と知識を得られる環境です
いろんな経験が
できることが魅力。

IT業界は中学時代から興味を抱いていた業界だったので、その目標に向かって高校からずっとエンジニアになるための実践的な学びを積み重ねてきました。就職前に5年間で得た知識や技術を活かしたい、という思いが強かったので、就職先を決める時には、大手の企業ではなく、いろんな経験ができる中小企業を選んで活動していました。プロネッツはまさに“いろんな経験ができる”会社。当時は、プログラムで何らかの開発に携わりたいと考えており、特にアプリの開発に興味がありました。入社後、ネットワークソフトの開発と試験のプロジェクト、アプリケーションの開発、そして現在の大手通信キャリアの交換機の保守・メンテナンスと、実にさまざまな経験をさせてもらっています。現在の部署は、プログラミングというよりも、機械やサーバーの使い方への理解がないとできない仕事。不明な点が少しでもあればすぐにクリアにできるよう、詳細を調べて、学んで、自分のものにしていく。そんな努力が、毎日、毎日、必要とされる現場にいます。

エンジニアは、
人と関わる仕事。

実際にエンジニアとして働いていると、技術や知識はもちろんのことですが、それ以上に人と接すること、コミュニケーションをとることの重要さを感じています。人と関わらずにできる仕事は無い、と言いきっていいほど。このコミュニケーションがとれているかそうでないかで、技術や知識の差も出てくると思います。現在携わっている仕事は、大手通信キャリアの開発に関わるものですが、クライアントと直接話ができる職場環境にあります。また、プロネッツはコミュニケーションという点で、上司や先輩と意見を交わしたり、自分の希望を伝えたり、良好な関係を築けることが魅力だと思います。遠慮していてはなにも伝わらないし、せっかく最新の技術を学べる環境にあるのに、なにも学べなくなってしまいます。「これが知りたい」「これはわからない」と言えるのは、新人の時だけ。ちゃんと受けとめてくれる上司や先輩ばかりなので、どんどんコミュニケーションしていくことをおすすめしたいです。

最先端の現場で、
最先端の技術を得る。

2020年の東京オリンピックに照準をあてて、通信機器の開発が進んでいます。今は最先端のシステムが動いている現場で、ネットワーク関連の知識を蓄積しているところです。最先端の現場で、最先端の技術にふれられる。それが、自分自身のモチベーションにもつながっています。今後は、このネットワーク、通信の仕組みに対する知識を自分の強みとして、アプリケーションの開発などに挑戦してみたい。今後、いろいろな業務を経験していくことで、幅広い分野で活躍できるエンジニアをめざしていきます。

募集要項・エントリー2020年度採用情報公開中!