エントリー2020年卒応募はコチラ!

人と仕事を知る社員インタビューInterview

澄岡 朋恵

サービス&プロダクト事業部
システムエンジニア(主査)
2011年入社
理系出身の人
プログラムをつくることがとても楽しいと感じられています プログラムをつくることがとても楽しいと感じられています
コミュニケーション能力が
いちばん求められる能力。

システムエンジニアの仕事は、パソコンの前にいるよりも、人の前で話をしている時間のほうが多いものです。入社する前の私は、もくもくと作業に没頭するイメージを持ってましたが、この部分がいちばんイメージと違ったところです。ひとつのシステムの開発プロジェクトでも、仕様検討から、最終的な納品まで、数多くのエンジニアが関わることになります。このプロジェクトがどんな目的で行われているものなのか、各工程で意識を統一して、同じ方向を向いていないと開発には取り組めません。この意識を統一する、という点で、面とむかって話し合う時間が必要とされてくるのです。少しでも意識がズレていれば、システム開発に支障がでてきます。技術者だから人と話さなくてもいいわけではなく、技術や知識はもちろんですが、その前にコミュニケーション能力が問われる職種でもあります。きっと、どんな仕事でも同じだと思います。

新しい技術習得を楽しむ。
それが、エンジニアには必要。

どんな人がシステムエンジニアに向いてるか、と聞かれたら、私自身まだ勉強中の身なのですが、新しい技術を吸収したり、研究することを“楽しめる”人なんじゃないかと答えます。以前所属していた事業部では、携帯電話のネットワークシステムに関わる開発で、その出荷前の試験を担当していました。いわゆるプログラムを依頼する側の立場でした。そこから一転して、現在はプログラムをつくる現場で、アプリから取得した情報を蓄積し、分析するサーバーのソフトウエア開発に関わっています。プログラムには個性があり、同じ結果を導くものでも、人によって“書き方”が違うことを、両方の立場を経験したからこそ理解できました。私自身がつくるプログラムの目標は、誰が見てもわかりやすく、スッキリと、カッコイイもの。その目標に向かってプログラムをつくるのが、とても楽しいものです。

自分がやりたいことは伝える。
その声に耳を傾けてくれる職場環境。

プロネッツでは、ほんとうにいろんな経験をさせてもらっています。自社オリジナルのアプリ開発や、ECサイトの開発、ネットワークや通信の開発、そして現在のサーバーソフトウエアの開発。いくつものプロジェクトに関わることで、多方面からエンジニアとして関わることができ、その仕事への理解が深まってきたと思います。プロネッツは、自分の考えややりたいことを、上司に言いやすい環境でもあるので、「技術者としてこうありたい」と伝えれば、ちゃんと考えてくれます。社員の言うことに対して、きちんと耳を傾けてくれます。そこが、技術者としての成長につながっていくのかもしれません。今は、プログラムをつくるのが楽しくてしょうがないので、今後はその技術を活かし、アプリやサービスの開発に携わっていきたいと思ってます。

募集要項・エントリー2020年度採用情報公開中!