エントリー2020年卒応募はコチラ!

人と仕事を知る社員インタビューInterview

鈴木 雄祐

サービス&プロダクト事業部
システムエンジニア(担当)
2017年入社
理系出身の人
エンジニアにとって興味の種がたくさん転がっています エンジニアにとって興味の種がたくさん転がっています
プログラミングの世界は
とても奥深い。

大学時代は、機械サイエンスの分野で物理的なものづくりを学んでいました。プログラムやネットワークのことは、大学の講義で“さわり”を学んだ程度ですが、生活にとても身近なスマホやパソコンの動きや仕組みをもっと知りたいと思うようになり、就活ではプログラムへの興味を深めるために、エンジニア職に絞って活動していました。プロネッツを知ったのは、就活中にサイトで企業を調べていた時に。開発から保守まで、幅広いことができ、選択肢の広さに魅力を感じ、入社を決めました。入社時の教育は、最初の数日間は「あ、なんとなく知ってる」という気分で受けていましたが、設計やプログラミングについて学びを深め、実践的な段階になっていくと、その奥深さについていくのに必死でした。研修の最終段階で実際に設計したプログラミングが思い通りに動いた瞬間、素直に「やったーー!」と喜んだのを覚えています。ただ、これは実際に仕事としてデビューする前のこと。現場に出れば、技術や知識の幅広さ、奥深さ、スピード感がどれだけ必要とされるのか痛感しました。

まだ世の中にない
技術を開発している。

担当するプロジェクトは、ネットワークシステムの仮想化環境の開発。いわゆるクラウド関連の開発です。設計開発者からの指示で環境をつくり、ネットワークのスピードや品質のニーズに応えていく業務です。実際私が担当しているのは、1年先、2年先に使われるネットワークの技術なので、現時点でどこどこに貢献できている、という実感はありませんが、これから先、「ああ、あの時に取り組んだ技術が!」と感動できる日がいつかくると思います。今後、いろんな経験を積み重ねていくと思いますが、今一番興味があるのは、ものづくりの中でも“考える仕事”。開発設計の部分に関わってみたいと考えています。そのためには、技術のことをよく知り、その部分での知識を深めていくことが必要です。私の周りには、社内外含めてお手本となる先輩がたくさんいらっしゃいます。それは、とても恵まれた環境だと思います。

自分自身の知識も
バージョンアップさせる。

ネットワークの分野は、とにかく技術の進化というか、変化が激しい。ソフトウエアひとつを例にしても、かなりの頻度でバージョンアップが行われ、それを使う自分自身の知識も並行してバージョンアップさせていくことが大事です。キャリアアップとして基本情報技術者試験を受けましたが、これはIT関係の技術者には入口のような資格。これからSEをめざす人たちは、入社前にでも取っておいた方が実務に役立ちます。入社1年目は、わからないことは先輩や周りの人に聞くだけの立場でしたが、2年目で人から質問される立場になりました。教えてもらうことでも成長はありますが、人に教えるという行為が自分の学びにつながることに気づかされました。教える、教わる、どちらにしても、大事なのは“興味”を持つこと。興味があると、学ぶことが楽しい。そうすると、どんどん知りたい欲求が出てきます。今は、それが仕事の醍醐味だと感じています。

募集要項・エントリー2020年度採用情報公開中!