エントリー2020年卒応募はコチラ!

人と仕事を知る社員インタビューInterview

佐藤 裕二

ネットワークサービス
運営事業部
システムエンジニア(主査)
2007年入社
文系出身の人
完璧を求められるものづくりの現場だからこそ仕事のやりがいも大きい 完璧を求められるものづくりの現場だからこそ仕事のやりがいも大きい
ものづくりの現場に憧れ、
めざしたシステムエンジニア。

英語・英文学の学部を卒業後すぐは、日本語教師として外国人に日本語を教えていました。転職を考えるようになり、職種を広げて探していたところ、プロネッツのwebサイトの記事に偶然出会いました。そこで興味をもったワードが「ものづくりの現場」。システムエンジニアという職種について漠然としたイメージしかありませんでしたが、ものづくりに携わりたい、という思いがありエントリーしました。入社後の研修は、プログラミングの経験が無くても大丈夫とあったのですが、まったく経験の無かった私にとって、正直、研修期間の課題は難しいもの。それでも、課題をひとつひとつ解いていくうちに、理解が少しずつ深まっていくのが、実感としてありました。

開発したソフトウェアが
世の中の役に立つのを目の当たりに。

最初に配属されたのは、携帯通信のサーバーで使われるソフトウェアの開発プロジェクトチーム。研修の課題以上に難易度が高い高い(!)壁でしたが、研修と違うのはチームで力を合わせて取り組むという点。先輩やクライアント、周りのサポートによって、ひとつのものをつくる。チームの集大成といえるプロジェクトが完遂した時、このうえない喜びを感じました。その後、アプリ開発の事業部を経て、現在は携帯電話のサーバー構築に携わっています。通信キャリアのサーバー室で、設定・構築するのが主な仕事。常に完璧が求められる現場なので、緊張感があります。驚くことに、現在の現場では、入社後すぐに開発を担当したソフトウェアを扱っているのです。ずいぶん前に取り組んだソフトウェアですが、それが実際に動いて、世の中の通信を支えているところを目の当たりにした時は、ちょっと感慨深いものがありました。

通信技術の進化に貢献できる
技術を提供していきたい。

これから通信技術は時代とニーズともにどんどん変化していくと思います。私が行っているサーバー工事は、携帯の通信の機能性をあげるためにあるものです。行った工事によって、機能性がアップし、それに対して喜ぶ人がいる。世の中のお役に立てている、といつも達成感を感じています。誰がやっている仕事かわからない、黒子の役割ですが、とてもやりがいがあります。いまは、このサーバーの工事を人の手によって入力して行っています。完璧にするのがあたりまえなので、工事の準備に長い期間をかけます。もしこの作業を、人工知能(AI)ができるようになったら、とよくイメージします。まだまだ、ずっと先の話だとは思いますが、その開発に関わってみたい、と現時点の私の大きな目標として掲げています。効率化という側面もありますが、そのAIの開発をプロネッツのプロジェクトとしてできたら、と思い描くだけでも楽しいもの。それを可能にする技術者集団であると思います。

募集要項・エントリー2020年度採用情報公開中!